桑酒モヒート.jpg

桑酒とは

起源は480年以上も昔

祖先が「後園の桑を用いて酒を造れ」と夢のお告げによります。

実際に造ったところ、甘く香ばしいお酒が出来上がり

皆に喜ばれたとか。

そんな桑酒

米どころ近江の糯米(もちごめ)と麹、桑の葉を

独自の方法で焼酎に漬け込み

伝統みりん製法により造られたリキュールです。

ほのかな香りと口ざわりの良さ

アルコール度数は​清酒よりやや低めです。

当時は常温で楽しむお酒でしたが

現代では氷を入れたオン・ザ・ロック

桑酒の甘さ、レモンの酸味、ミントの爽やかさが心地よい

「​桑酒モヒート」でお楽しみいただけます。

大正期には詩人で小説家でもある島崎藤村氏より​

直筆でいただいた注文書も何通か残っております。

桑酒の購入の為、東京麻生の自宅から寄せられたものです

差出人は藤村の本名「島崎春樹」となっております。

日付は大正十四年です。

〜島崎藤村とは〜

詩人で小説家

代表作「若菜集」「破戒」「春」などです。

​大正を代表する自然主義作家です。

独特な甘みとコクは、一度口にしてしまうと虜になるほど

昔から愛飲いただいております。

ぜひこの機会にお召し上がりください​

桑 酒 -kuwasake-

島崎藤村の手紙.jpg